なぜ、がん保険?

日本人の死亡原因の1位は「がん」。
最近では医療の進歩により、治療で完治するケースも増えていて、がんは治る病気となっています。

しかし問題は、がんの治療費は高いということです。

ガン保険に入っていると、がんと診断されたり、入院したときにまとまった一時金がおりるため、治療費や闘病中の家族の生活費などに充てることができるので、家計のことを心配せずがんと闘うために、がん保険の加入率が高まっています。


▼がん保険に入っていると・・・
がんと診断、がんで入院 → 一時金が給付される